ハットトリックとアワードの音って快感

この記事は2分で読めます

ハットトリックを
バシバシ決められるのはすごく快感です。

ハットトリックと言えば
初心者の時代はなかなか出ないものです。

一種の憧れ的なものだったように思います。

多分、誰もが始めてのハットトリックを
決めた時は感動したのではないかと思うんですよ。

私は、恥ずかしながら
始めてハットトリックが出たのが

3週間後くらいだった覚えがあります。

同時期に始めた人が
続々とハットトリックを出していく中

私はポツーンと出ない状況でしたからね。

まぁショボくれますよ。

そんな時もあったのですが、
今はそれなりにハットトリックも出ます。

ロートンもそうですけど
ハットトリックってアワードが流れて

騒がしいじゃないですか?

それに、ブルの音も響き渡ります。

これってすごく快感なんですよね(・∀・)

この、頻度が多くなればなるほど
「おお?」と注目されますからね!

やっぱり、お店によっては
Aフラまでいくプレイヤーって少ない訳で

その少ない中にいると
嫌でも目立ってしまいます。

目立つ事が嫌いな人は別として
目立つ事が好きな人にはこれ以上にない快感ですよね!

私は基本的には目立ちたくない人間です。
というか目立つことをしたくないといった感じかな?

でも、簡単に目立てるなら
目立ちたいみたいなところはあるんですよね。

そこでなのですが、
ダーツってある意味

ただ投げてるだけで目立てる訳ですよ。
自然体で特別なことをしなくていいから楽ですよね(´ε` )

そういうところが好きだったりします。

やっぱり人って
「すご~い。」
「ヤバーイ。」って

ほめられると
どうしても頬が緩んでしまうものです。

目立ちたくないとはいえ
本能的にどこかで目立ちたいとも

思っていると思うんですよね。

その欲求をダーツでは
自然に満たせるからいいですよね。

サッカーとか野球とかって
レベルが高くなるほどフィジカル面が

重要になってきます。

凡人じゃ歯がたたないんですよ。

でもダーツは
そんなものはいりませんからね。

ただ、ターゲットに入れる精度を
アップさせていくだけです。

そこに力なんて必要ありません。
還暦のおっちゃんレベルの力がアレば十分ですからね。

つまり、誰もが輝ける競技なんですね。

私とか運動神経も体力も
中の下なんですよね。

ですのでスポーツとか競技で
一切輝いたことがな簡単ですよ。

でも、ダーツではちょっとだけ輝けている気がします。

いやぁ~本当にダーツっていいですよね。

・・・ってハットトリックを出すコツを
お伝えしようと思っていたのに

前置きが鬼長くなってしまった・・・

ハットトリックのコツは
また次回と言うことでm(_ _)m

 

 

→ダーツ上達14日間メール無料講座はこちら

マニュアルのプレゼントもありますよ・ω・

 

応援よろしくお願いします。


ビリヤード・ダーツ ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 写真
  2. 写真
  3. https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-MAX76_gjmax20140531-thumb-1000xauto-17257
  4. bsAME874_kouyoutonuma (1)
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。